メニューリスト サイトTOP > 子育て・介護 > 毎日の保育

毎日の保育

保育の種類と特徴

働く親の増加やニーズに伴って、近年さまざまな形態の保育施設が増えています。日常的に子どもを預ける場所を選ぶ際の予備知識としてお役立て下さい。なお、一時保育や病児・病後児保育、海外の保育事情については、こちらをご覧ください。

厚労省 認可
保育所
公立 市区町村が設立・運営。最近は、公設民営が増えている。
私立 社会福祉法人、NPO、企業等が設立・運営。
認可外
保育所
自治体の助成
による施設

自治体の独自の基準を満たし、助成金を受けている施設。
【東京都】認証保育所
【横浜市】横浜保育室

【川崎市】川崎認定保育園、おなかま保育室

保育ママ
(家庭福祉員)
自治体によって名称・内容は様々だが、一般的には、家庭福祉員の自宅で、3歳未満の乳幼児を少数預かり、家庭的な雰囲気の中で保育を行う。
事業所内保育所 企業や病院などの事業所が従業員のために、職場内などで運営している施設。
ベビーホテル等 公的な助成を受けていない施設で、夜間保育・宿泊を伴う保育・一時保育を実施している。
厚労省・
文科省
認定こども園 幼稚園と保育園の機能を兼ね備えた施設。
文科省 幼稚園 幼稚園としての活動の後に「預かり保育」を実施。

保育所選び

子どもを預けて働き始めるときに、日常的に安心して預ける場所を探すことになります。上記のようにいろいろな施設や制度がありますが、一般的にまずは、乳幼児の負担を考えて住まいの近く(住民票を置いている自治体)にある認可保育所や自治体助成による施設を探す方が多いようです。しかし、近所の保育所に空きがない等の事情で、住んでいる自治体ではなく、通勤途中や職場近くで探す場合もあるでしょう。その場合、公的な保育サービスは、その自治体の住民を優先することが多いため、条件等の確認にはご注意ください。
自治体の窓口では、認可保育所以外にも、認可外保育所や保育ママなどの情報や、待機児童数の状況など様々な情報を提供していますので、最初に相談に行き情報収集するとよいでしょう。

認可保育所

国の基準(施設の広さ、保育内容、給食室などの設備、保育士や職員の数など)を満たして、都道府県知事に認可された保育所です。運営費は国や地方自治体から交付されており、保育料は市区町村が保護者の収入に応じて定めています。申込は、市区町村窓口に行い、定員を上回る場合は、市区町村が選考します。

(1) 公立
職員は公務員で異動があるため、保育内容に大きな違いは見られません。比較的ベテランの保育士が多いのが特徴です。最近は、「公設民営」という形態を取って、民間に業務委託をしているケースも増えています。
(2) 私立
宗教やお稽古、ユニークな活動など、保育内容に特徴があります。

認可外保育所

都道府県知事の認可を受けていない保育施設で、一般的に無認可保育園と呼ばれています。

(1) 自治体の助成による施設
自治体が、都市等の実情にあわせ、国の基準を緩和して独自の基準によって認証し助成している保育所です。東京都では「認証保育所」、横浜市では「横浜保育室」、川崎市では「川崎市認定保育園」等があります。保育料は施設が自由に設定できますが、上限が決められています。申込は、施設へ直接行います。
  • 東京都:認証保育所

    A型: 定員20~120名で、対象年齢は0歳から5歳。民間事業者等が設置。

    B型: 定員6~29名で、対象年齢は0歳から2歳。個人が設置。

  • 横浜市:横浜保育室

    対象年齢は0歳から3歳未満。

  • 川崎市:川崎認定保育園おなかま保育室  

    「川崎認定保育園」:主に低年齢児の待機児童の解消を図るとともに、認可保育所では対応できない利用者の多様な保育ニーズにも応えるために、市が定めた一定の基準を満たした保育施設。
    「おなかま保育室」:川崎市内在住の0歳児(生後6か月)から3歳未満児を対象に、認可保育所の保育の実施基準を満たしながら認可保育所に入所できない児童を受け入れる施設。

(2) 保育ママ(家庭保育福祉員)
各自治体によって内容は様々ですが、一般的には、家庭保育福祉員の自宅で、3歳未満の乳幼児を数名預かり家庭的な雰囲気の中で保育を行うものです。保育料は市区町村で決められており、申込も各市区町村窓口へ行います。
(3) ベビーホテル等
公的な助成を受けていない施設で、夜間保育や宿泊を伴う保育、1時間○○円などの一時保育を実施しています。保育料は自由設定で、申込は直接施設に行います。
保育内容や施設ともに実態は様々ですが、自治体が公表している基礎情報や調査結果を参考にすることができます。

認定こども園

平成18年からスタートした制度。幼稚園と保育園の機能を兼ね備えた園で、保護者の就労の有無に関係なく利用できます。幼稚園が母体となっている「幼稚園型」、保育園が母体となっている「保育園型」、幼稚園と保育園が連携した「幼保連携型」、幼稚園でも保育園でもない地域の教育・保育施設が母体となった「地域裁量型」があります。

幼稚園

通常、幼稚園の活動は2時頃までですが、その後「預かり保育」として5時~6時位まで保育を行います。パートタイム等で働きに出る保護者のニーズに合わせて、実施する園が増えています。時間や費用、保育内容、夏休みなどの長期休暇中も実施しているかどうか等は、それぞれの園によります。

Leap 理工系女性研究者プロモーションプログラム

English

東京工業大学ホームページ