東京工業大学

女性等活躍推進のための全学的な取組み・基本データ

全学的な取組み

「女性活躍推進法」に基づく行動計画 

本学は「女性活躍推進法」に基づき、令和3年4月1日から令和7年3月31日までの本学の行動計画を策定しました。

また、この法律に基づいた「女性の活躍に関する情報」はこちらに公表しています。

関連する受託事業等

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(調査分析)」(令和3年度~4年度)

代表機関:九州大学、共同実施機関:東京工業大学
プログラム名「女性活躍指標に基づく女性研究者活躍促進に関する国際調査」

文部科学省科学技術人材養成等委託「女子中高生理系進路選択支援事業」採択(平成18年度)

文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成事業」採択(平成20~22年度)

課題名「理工系女性研究者プロモーションプログラム」。事後評価において「S」評価を受ける。

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」採択(平成26年度~35年度)

「1.国際化関連 (1)多様性 ③教職員に占める女性の比率」において目標値を設定。

関連組織等の沿革

平成16年4月1日男女共同参画に関する検討ワーキンググループ設置
(法人化により新設された企画室に設置。平成20年6月まで。)
平成20年4月4日「男女共同参画ポリシー」「男女共同参画を推進するための基本方針」 を策定
平成20年7月1日男女共同参画推進センター設置
平成29年4月1日広報・社会連携本部 男女共同参画推進部門へ改組
令和2年4月1日ダイバーシティ推進室 男女共同参画部門へ改組
令和4年1月5日ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言 を策定
令和4年4月1日企画本部 ダイバーシティ推進室へ改組し、4部門(ワークライフ両立支援部門、女性等活躍支援部門、外国人活躍支援部門、障がい者等活躍支援部門)制に移行

基本データ

女性教員(推移)東京工業大学 女性教員の人数・比率の推移(令和5年5月1日現在)
女子学生(推移)東京工業大学 女子学生の人数・比率の推移(令和5年5月1日現在)
女性教職員数東京工業大学 所属別・職階別の女性教職員数(令和5年5月1日現在)
女子学生数東京工業大学 所属別・学年別の女子学生数(令和5年5月1日現在)
男女比の概要東京工業大学 学生・教職員の課程・職種別男女比(令和4年5月1日現在)

※ダイバーシティ推進において優先度の高い課題であるジェンダーについて、状況を客観的に把握するためにはジェンダー統計が必要です。セクシュアリティは、性別・性的指向・性自認等により多様ですが、この統計では学校基本調査に準じて性区分を男性・女性としています。

ページトップに戻る